- 未分類

相談のポイント

相談無料相談でどんなことを相談できるかですが、交通事故に遭ったときに「どのような手続きを行えばいいのか」、「どの程度の請求金額になるのか」、「過失の割合はどの程度か」など、交通事故に関することであれば、なんでも質問できます。ただ、無料相談は30分程度で相談できる時間が短いですから、自分で調べられる質問についてはインターネットなどで調べるようにして、弁護士にしか答えられないような質問にしぼった方が良いでしょう。

現在は、ネット上にある弁護士サイトなどで手軽に調べることができるため、交通事故に関する知識を調べることは難しいことではありません。しかし、交通事故は個別のケースで保険金などが異なるため、保険会社から請求を受けていたり、示談交渉の段階でトラブルが起きていたりする場合は、弁護士への相談が必要になります。

相談をスムーズに行うためには、交通事故の状況や損害の程度、示談の内容などがわかっていれば、相談内容を整理してから弁護士に会った方がいいです。できるだけわかりやすく相談内容をまとめれば、短時間ですみます。「交通事故証明書」や「後遺障害診断書」などの書類が用意できるようであれば、面接時に持参すると相談をスムーズに行えるでしょう。

Pocket

- 未分類

無料相談を利用

交通事故に遭遇したときに、「どこに相談したらいいのかわからない……」という場合、無料相談は頼りになります。相談自体が無料でないと、担当してもらえる弁護士を探すだけで無駄な費用がかかってしまうからです。相談するだけなら無料ですが、弁護士に依頼したときから費用が発生しますから、確実に保険会社と示談を行ってもらえる弁護士をお選びください。

無料相談無料相談を利用できるのは、交通事故に遭った人以外に、その家族なども相談できます。交通事故には「人身事故」「物損事故」がありますが、人にケガを負わせた場合、車が故障した場合の両方のケースについて相談することが可能です。ただし、無料相談の場合は、担当の弁護士を選ぶことができませんから、指定された弁護士に相談することになります。

無料電話相談と面談による無料相談がありますから、相談する場所が遠いとか、相談先がどこにあるのかわからない場合は、電話による相談が良いでしょう。メールで相談できればいいのですが、電話や面談が主流となっています。メールは一方通行なため、相談内容がわかりにくいからでしょう。なお、無料の相談回数が決まっているところがありますから、できれば「回数無制限」のところを探した方が良いでしょう。続いては、相談のポイントについて説明します。

参考HP「アディーレ法律事務所

Pocket

- 未分類

交通事故相談センター

日弁連交通事故相談センターは、交通事故の被害者救済を目的とした組織で、公益財団法人の日弁連が運営しています。交通事故に関する保険金や賠償金についてのご相談や示談交渉に関すること、審査などを無料で行っています。ただ、相談費用はかかりませんが、電話代や面談をする交通費などは自己負担となるようです。

日弁連交通事故相談センター交通事故紛争処理センターは、交通事故の損害賠償問題などでトラブルに遭っている人を対象に法律相談を受けています。弁護士が無料で和解あっ旋を行っています。日弁連交通事故相談センターは、交通事故に関する初歩的なことから相談できますが、交通事故紛争処理センターはより難易度の高いトラブルについて相談できます。日弁連交通事故相談センターに相談して依頼が難しいと思った場合は、交通事故紛争処理センターの方がいいかもしれません。

また、独立行政法人自動車事故対策機構が行っている「NASVA交通事故被害者ホットライン」では、交通事故の悩みを解決するために最適な相談窓口を紹介しています。相談する際には、「交通事故相談」をメインにしているところを選んだ方が良いでしょう。相談内容は交通事故が専門ですから、示談などを専門に行っている弁護士を紹介してもらえます。

Pocket

- 未分類

交通事故の被害相談

交通事故に遭った場合の被害相談は、交通事故に強い弁護士に相談しましょう。弁護士には、それぞれ得意な分野があり、遺産相続を専門に行っている弁護士とか、離婚弁護士のような特定のジャンルに分かれています。これまでに多くの交通事故の案件を扱ってきた弁護士に依頼しましょう。交通事故にくわしくない弁護士に依頼すると、保険会社との示談交渉がスムーズに進まなかったり、後遺障害などの等級認定に手間取るようなことがあります。

弁護士に相談どこに相談したらいいかですが、交通事故の代表的な相談窓口として日弁連交通事故相談センターがあります。また、交通事故紛争処理センターやNASVA交通事故被害者ホットラインなどにも専門の相談窓口が設けられていますから、利用しやすいところをお選びください。

無料の弁護士相談で、後遺障害等級の認定が適切かどうかのアドバイスをもらったり、保険会社から賠償額を請求されたときなどに相談することができます。どこに相談したらいいのかわからない場合、依頼する弁護士を探している場合などにも、相談にのってもらえるでしょう。

交通事故の被害相談で重要なのは、弁護士に相談するタイミングです。相談できる時間が短いため、何度も連絡することになってしまいます。無駄を省くためにも交通事故に遭ったら、調べられることはインターネットなどで調べ、弁護士に依頼しなければならないようなトラブルに遭ったときが、相談するタイミングでしょう

Pocket