- 未分類

相談のポイント

相談無料相談でどんなことを相談できるかですが、交通事故に遭ったときに「どのような手続きを行えばいいのか」、「どの程度の請求金額になるのか」、「過失の割合はどの程度か」など、交通事故に関することであれば、なんでも質問できます。ただ、無料相談は30分程度で相談できる時間が短いですから、自分で調べられる質問についてはインターネットなどで調べるようにして、弁護士にしか答えられないような質問にしぼった方が良いでしょう。

現在は、ネット上にある弁護士サイトなどで手軽に調べることができるため、交通事故に関する知識を調べることは難しいことではありません。しかし、交通事故は個別のケースで保険金などが異なるため、保険会社から請求を受けていたり、示談交渉の段階でトラブルが起きていたりする場合は、弁護士への相談が必要になります。

相談をスムーズに行うためには、交通事故の状況や損害の程度、示談の内容などがわかっていれば、相談内容を整理してから弁護士に会った方がいいです。できるだけわかりやすく相談内容をまとめれば、短時間ですみます。「交通事故証明書」や「後遺障害診断書」などの書類が用意できるようであれば、面接時に持参すると相談をスムーズに行えるでしょう。

Pocket